たるみ、ほうれい線、無表情にストロビクス

ストロビクスでたるみ、ほうれい線を改善

ストロビクスで表情イキイキ

イキイキ表情

ストロビクスとはストローをくわえて表情筋を鍛えるトレーニング。
普通の表情筋トレーニングと違ってストローがあります。
ストローで深く呼吸をすることで新陳代謝を促したり、どの筋肉を動かせばいいか分かりやすいのが特長です。

湯洗髪(湯シャン)や水洗顔ではニキビや赤みなどの肌荒れは改善するのですが、たるみやしわなどのアンチエイジングにはやや限界があります。
運動が基本ですが、表情グセも大きな要因となります。

そのような表情グセを改善するストロビクス。
実践してみたのですが、1週間を過ぎた辺りから肌のハリ、毛穴のたるみに変化が出てきました。

何より嬉しかったのは、口角が下がった自分の顔が、笑顔になりイキイキしてきたこと。
大分若返ったような気分です。

ストロビクスで魅力的な笑顔に


たるみとシワが生じる原因のひとつは表情にあり

たるみ

たるみやシワの原因となるのは、化粧品や紫外線、運動不足、無理なマッサージ(つよくこするなど)だけではありません。
実は表情も関係しています。

ずっと同じ表情だと顔にクセがついてシワができやすくなります。
さらに無表情だと顔の筋肉を使わないのでたるみやすくなり、そのたるみが深いシワのようになってしまいます。涙毛穴も頬のたるみ→しわという風に帯状毛穴(線でつながった毛穴)に発展することがあります。

特に気をつけたいのが、しかめっ面が多くて縦皺ができてしまうこと、目をパッチリに見せようと眉を上げてまで見開き、額にシワが寄ること。このようにちょっとした顔のクセでもシワができてしまいます。できれば自然な笑顔を心がけたいですね。

しかめっ面ばかりしているとしかめっ面の癖がつきます。
特に眉間のシワは避けたいところです。

無表情でいるとたるみでブルドッグ顔に。
イキイキとした表情はやはりアンチエイジングに必要ですね!


ストロビクスの本を見ながら実践

ストロビクスの本には、たるみ・ほうれい線対策、額のシワ対策、口元対策、眉間の縦皺対策、目尻のシワ対策などいろんなストロビクスが載っています。

手っ取り早く、目的のストロビクスを始めるのもよいのですが、この本の初めと終わりにストロビクスをする上での注意点やQ&Aが書かれています。
この部分を読んでおけば、どの程度ストロビクスをすればいいか分かりますし、する上での注意点も分かります。

なお、表情筋トレーニングは、やり方を間違えると返ってシワをつくる原因になりますゆっくり筋肉を動かすことを意識しましょう。急激に動かしたり、力を入れ過ぎると、肌にシワのクセがつきやすくなります。また、顔の他の部位にシワがよるものは、顔ダンスで補うとよいでしょう

基本はひとつのストロビクスにつき、1セット5回。
1日に行うのは3セット。
たくさんのストロビクスをしようと思えば1日3セットを、朝は目力、昼はフェイスライン、昼はデコルテなどと分けてもいいようです。万遍なくするのが効果的な様子。

デコルテなど悩みがない人もいらっしゃるかと思いますが、首のストロビクスは顔や首の老廃物を流す上で重要なポイントなので少なくとも1つはやっておいて損はありません。

また、時間がないときの「あいうエクササイズ」はぜひ取り入れたいところです。
初めてストロビクスをする時の準備運動や時間がないときにも最適です。

なお、ストロビクスの本は、書籍版とKindle版とあります。

実際にDVDを見ながら学びたい場合はこちらをご覧下さい。
一瞬で人を惹きつける!魅力的な顔になれる!~ストロビクス



気になるストロビクスから入る

ニコ

私が気になっていたのはまず、口角が下がっていたこと。
なので、フェイスラインの9番から入りました。

難易度的にもカンタンなので初めてのストロビクスにちょうど良かったと思います。

ストローを加えてゆっくりと息を吐きながら口角を上げ、次に唇を前に突き出してゆっくり息を吸います。笑顔のクセがつき、頬が上がってきます。


次に覚えたのが頬のたるみ

ストロビクス

次に覚えたのが頬のたるみの10番。
理由は9番の次のページだったという単純な理由。

でも、これを続けていると、なんだか鼻の周辺の毛穴がさらに目立たなくなってきたような感じです。

ストロビクスを始める前と後とでは頬のハリが違い、毛穴も目立ちません。肌断食とASVCでは限界があったたるみが徐々に改善されているようです。

その後、他のストロビクスも覚えていき、万遍なく実践するようになりました。

私はKindle版を購入したので、最初のうちは鏡とKindleと自分の顔を並べてできてちょうどよかったです。

ストローを加えているだけでも違うようです。


アンチエイジングも肌荒れもストロビクス

楽しい

ストロビクスは、気持ちを落ち着けて息を吸ったり吐いたりするので、リラックスにもちょうどいいです。
そして口角を上げて笑顔になるので、気持ちも前向きな気分になります。

それに、何と言っても、肌荒れがあってもできるし、肌に直接触れないので、そのままやっても接触性皮膚炎の心配がありません。

気持ちがリラックスしたり、顔や首の老廃物が流れるので、肌荒れの改善にも便利です。
実践当初は ストロビクスで日に日に若返る変化が楽しかったのを覚えています。
経過報告はこちらのページに移動しました。



湯洗髪、水洗顔、肌断食でたるみが消えたのは写真?

こちらの肌改善写真の記録を見ると、湯洗髪、水洗顔、肌断食だけの時にたるみ、ほうれい線をある程度改善していることがわかります。

しばらくはなぜ湯洗髪、水洗顔、肌断食だけでたるみやほうれい線が改善したのだろうと不思議に思っていました。(肌荒れを改善することはあっても、たるみへの効果は微少のハズ)

しかし、ストロビクスを始めてみて、あることに気付きました。
あれ?これ、肌の経過写真を撮るときの口角を上げる感じに似てる?!

もしや?!たるみ改善は肌の経過写真を何枚も撮った過程から?!
確実なことは言えませんが、可能性は無きにしもあらずです。
皆さまもどんどん笑顔で写真を撮りましょう!


三日坊主にならないためには

笑顔

三日坊主にならないためには、習慣付けが大切。

朝の通勤前やお風呂で温まっている時、睡眠前など。
1日3セット行えるように頑張りましょう。

また、自分の顔、ああなりたい、こうなりたいと希望を持って実践することが続ける秘訣のようです。


顔の他の部位にシワがよるのが気になるなら

※ストロビクスの種類によっては、実践している時に顔の他の部分にシワがよるものもあります。
長時間同じ部位にシワを生じさせたり、頻繁に同じ部位にシワを生じさせない限りは、実際にシワのクセがつくことはありませんが、気になる方は、以下を参考にしてみてください。

1番(額のシワ)、2番、4番、8番(鼻の横のシワです)は実践している時に、顔の他の部分にシワが寄ります。気になるようであれば、このパートに対応しているところを顔ダンスで行うとよいでしょう。顔ダンスは穏やかですが、顔の他の部分にシワが寄りにくいという特徴があります。

筆者のおすすめストロビクスは9番(魅力的な笑顔)、11番、12番、14番、15番、16番、17番(首の運動はリンパの流れをよくします)です。
10番はストロビクスの中でも効果的なものですが、様子を見ながら行いましょう。

ストロビクスもたるみの予防・改善の一つの方法ですが、あくまで補助。
たるみやほうれい線の予防改善は運動が不可欠です。
週に数回、短時間でも随分ちがってきます。


ストロビクス まとめ

・たるみ、しわ、ほうれい線、マリオネットラインの原因は、表情のクセや無表情も原因の1つ。特にしかめっ面は眉間の縦じわの元なので気をつけたい。

・ストロビクスはたるみ、ほうれい線はもちろん、イキイキとした笑顔に効果的。

・ただ、間違った方法、自己流で実践するとシワの危険あり。
 鏡を見ながら実践しましょう(特に初めのうち)。
 急激に動かしたり素早い動きはNG。ゆっくり筋肉を動かすのがミソ。
 種類によっては固くこわばった肌だとシワになる可能性あり。
 柔軟な状態に改善してから行いましょう。

・ストロビクスはストレス解消、リラックスにも適しています。

・顔や首の老廃物を流してくれるので肌荒れの予防改善にも吉。



↑ PAGE TOP