肌荒れ中や肌断食中のメイクの方法

肌断食中のメイクの方法

肌に負担をかけないメイクを

肌荒れが気になる方は、できるだけ肌に負担をかけないことが重要です。
そのために肌断食は有効な方法。

そしてメイクをしない方が肌に負担をかけないので、肌荒れが改善しやすい傾向にあります。
しかし仕事や日常生活の中でメイクが必要な場面が出てきます。

メイクが必要!でも肌荒れが気になる!という時の肌に負担をかけないメイクの方法を説明します。


ワセリンを下地にメイクをする

メイクは、ワセリンを下地にしましょう。
ワセリンを下地にすることで、肌へのダメージを軽減することができます。

特にスキンケアを念入りにおこなってきた人ほど、角質層がボロボロで肌のバリア機能が落ちているので、ワセリンで保護することが必要です。

口紅をつけるときも唇をワセリンで守りましょう。
ワセリンはドラッグストアなどで販売されていますが、チューブ式ワセリンの方が使いやすくおすすめです。また、容器に直接指を入れないので不純物も混ざりにくい傾向にあります。


肌断食に最もおすすめなファンデ

シンプルファンデーション

普段使いのメイクは、お湯だけで落とせるサウンドスタイルのシンプルファンデーションがおすすめです。

成分構成がシンプルで肌への負担を最小限に抑えてあります
また、ワセリン配合なのでそのまま肌につけて使うことができます。
落とすときはお湯だけで落とすことができます。

私もこのファンデを持っており、面接や式などよそ行きの時に使いますが、肌に負担がかからず、お湯で落とせるのがウレシイです。メイクをすると大抵顔が赤くなるのですが、このファンデだけはなりません。

ワセリンとスクワラン配合なので、このファンデを使った後はいつもより肌がしっとりしています。さほど高くないので普段使いすると保湿と日除けにいいかと思います。
顔を手で触るクセがある人の防御膜にもなりそうですね。

しかし、肌への負担を抑えているといっても、長時間つけていると小さな肌への負担でも積み重なるので、必要がなくなったらできるだけ早く落としましょう

なお、ファンデーションをつけるときは、パフでつけると肌を強くこすることがあります。
角質層がボロボロの肌や肌荒れを起こしている場合は、かなり肌に担となります。
ファンデーションをつけるときは柔らかいメイクブラシを使いましょう。
柔らかいメイクブラシは、100円均一にも売っています。



紫外線対策を兼ねたメイク

肌荒れ中の方や肌表面の角質層が整っていない方にはあまりおすすめしたくないのですが、屋外にいる時間が長い場合は紫外線対策を兼ねたメイクをした方がよい場合もあります。

紫外線のダメージが紫外線対策用メイクによる肌への負担を上回る可能性があるからです。

屋外にいる時間が長い人はこのようにメイクをして下さい。

1.ワセリンをうすくつけて下地にする
2.その上から日焼け止め機能つきファンデーションを厚めにつけます
3.汗をかいたらつけ直して下さい
※最低でも2時間おきくらいにはつけなおしたい
4.ツバの広い帽子or日傘も活用

必要がなくなったらできるだけ早く紫外線対策用メイクを落として下さい。
小麦粉洗顔やガスール、純石けんでも落ちます

紫外線対策用メイクは通常のメイク以上に肌に負担がかかります。
また、つけている時間が長ければ長いほど肌には負担となります。
その結果、肌荒れが改善しにくく、赤みやニキビ、乾燥など肌荒れが出続ける可能性があります。

紫外線の強い季節はできるだけ屋外にいる時間を短くし、日傘や陰歩きでしのぐと肌への負担を減らすことができます。



マスカラやアイライナーに注意!

アイメイク

アイライナーやマスカラも肌にダメージを与えます。
また、多くの製品がオイルやクレンジング剤がないと落とせません。
肌荒れを改善したい人はできるだけ使わないことをおすすめします。

しかしどうしても使いたい場合は、落とすときに肌の他の部位につかないように落としましょう。
宇津木先生の書籍に綿棒ではさんで落とすみたいな事が書かれていましたが、結構テクニックがいると思います。
無漂白キッチンペーパーなどにオイルをしみこませて、肌の他の部位につかないように落とすのもアリかと思います。

なお、最近はお湯で落とせるマスカラやアイライナーがあります。
ただ、何かの拍子に涙が出ると頬に流れてしまう可能性があります。
お湯で落とせるから肌への負担が減らせるどころか、頬に流れてしまえば大ダメージです。


すっぴんの顔を触るよりはダメージが低いかも?!

うっかり触った

筆者は基本的にノーメイクです。
屋外にいる時間が短いので、紫外線対策は日傘と陰歩きのみです。

また、目の周りに異物をつけるのがコワイのでマスカラやアイライナーも使っていません。

ノーメイクなのもあってか肌断食がスムーズに進みました。

こんな筆者も面接や式などでメイクをすることがあります。
上記の通り、サウンドスタイルのシンプルファンデを使うのですが、顔を手で触らない、こすらないので返って肌へのダメージが軽減。

顔の手触りがよくてつい触ってしまう場合や、ニキビが気になってつい触ってしまう場合などにいいかもしれません。

ただ、顔を触らなければノーメイクの方が肌荒れは改善しやすいので休みの日や夜の時間などリラックスタイムは気をつけたいところです。


肌断食中のメイクの方法 まとめ

・肌荒れを改善したい場合はノーメークが一番。

・通常のメイクはサウンドスタイルのファンデでお湯だけで落とすのが一番負担がかからない。
 しかし長時間つけていると小さな負担が積み重なる。

・長時間屋外にいる場合は、紫外線対策機能つきメイクをした方が肌へのダメージが低くなる。
 ただしワセリンをつけても通常のメイク以上の負担がかかる。

・お湯で落とせるマスカラやアイライナーは涙に注意!



↑ PAGE TOP