常在菌環境を整えて過剰な皮脂を抑える

常在菌環境を整える

私の元に来るお便りで、脂漏性皮膚炎やマラセチアを心配される方が多くなりました。

マラセチア菌やアクネ菌の異常繁殖による脂漏性皮膚炎は、皮脂を取るケアや殺菌するケアでは根本的改善には至りません。
必要なのは常在菌環境を整えることによって過剰な皮脂を抑えることです。

しかし、皮膚科にかかっている人のお話を聞いてみると、脂漏性皮膚炎、マラセチアの手当は肌に必要な皮脂やマラセチア菌を除外する手当が多い。

除菌・殺菌してしまえば、常在菌環境が整うどころか、肌や頭皮に必要な常在菌までいなくなってしまいます。


そもそもマラセチア菌やアクネ菌は皮膚や頭皮に必要な常在菌

そもそもマラセチア菌やアクネ菌は皮膚や頭皮に必要な常在菌です。
ニキビで悪者にされているアクネ菌も皮膚や頭皮に必要な常在菌です。

皮脂はこれらの常在菌の餌となります。
また適量な皮脂は肌を乾燥や刺激から守ってくれます。

そして、この皮脂を適量にしてくれるのが常在菌。
マラセチア菌もその常在菌の1つです。

ただ、マラセチア菌やアクネ菌は余分な皮脂を分解してくれる時に脂肪酸を発生します。
その脂肪酸を分解してくれる菌がいないと、その脂肪酸は肌や頭皮に刺激となるものに変わります。

もうお分かりですね。必要なのは今いる常在菌を殺菌して他の常在菌も殺すことではなく、マラセチア菌やアクネ菌の他に必要な常在菌も育ててあげることなのです。


必要なのは脂肪酸を食べてくれる菌が住める皮膚環境

常在菌

上記のことから、必要なのはマラセチア菌が皮脂を分解した後に脂肪酸となった物を食べてくれる常在菌が住める皮膚環境なのです。

皮脂を取りすぎれば、肌はもっと皮脂が必要だと判断し、余計に皮脂を分泌してしまいます。そして皮脂を取るものは大抵界面活性剤。これには常在菌を除菌してしまう作用があり、余計に皮膚の常在菌環境を悪化させます。そして言うまでもなく、マラセチア菌を除菌しても肌に必要な菌がいなくなるだけ。

ならば、皮膚の常在菌のバランスを整えればいいというわけです。

常在菌のサイクルは文章だけでは分かりにくいので下記の図をイメージとして捉えて頂ければと用意しました。



皮膚や頭皮の常在菌環境を整えるには

では、崩れてしまった皮膚や頭皮の常在菌環境を整えるにはどうすればいいでしょうか。
それは皮膚や頭皮の常在菌環境を崩してしまう原因を断てばいいわけです

除菌剤、抗菌剤、殺菌剤など菌を除外するものはもちろん、シャンプー、リンス、トリートメント、洗顔料、石けん、基礎化粧品、ヘアスプレー、ワックス、整髪料などなど身の回りの数々の界面活性剤も常在菌を全滅させてしまう原因となります。

これらの原因を悉く排除したのが、エコ肌生活。
つまり湯だけの洗髪(湯洗髪)、水洗顔、肌断食、顔を手で触らない、などなのです。


テカリ、鼻の黒ずみ

テカリ、鼻の黒ずみも皮脂が酸化するので、皮脂は取ったほうがよいと言われています。

しかしなぜ皮脂が多くテカるのでしょうか?
なぜ皮脂が酸化して黒ずむのでしょうか?

前述しましたが、皮脂は取れば取るほど、肌が必要と判断して皮脂を分泌します。
皮脂を取るばかりのケアでは永遠に解決できません。
酸化する前にその脂肪酸を食べてくれる常在菌がいないと不可能です。

それよりもちゃんと皮脂を分解してくれる皮膚常在菌環境を整えたほうがよいと思いませんか?皮脂を分解してくれるマラセチア菌、そしてその皮脂を分解した時に発生した脂肪酸を分解してくれる常在菌が住みやすい環境を目指してみませんか?

過剰な皮脂を心配するよりも、皮脂と常在菌のサイクルを整えられる方が建設的だと私は考えます。


少し皮脂を残すくらいがいい

健康な肌

上記の理由から、皮脂を根こそぎ肌から除外するのは避けたいものです。
皮脂を根こそぎ肌から除去してしまえば、たちまちの常在菌の餌がなくなりますし、肌の機能としてより皮脂を分泌するようになってしまいます。

皮脂の酸化を防ぐためにしっかり皮脂を落としましょう、などとよく言われますが、このケアは逆効果。(酸化を防ぐならビタミンC服用の方が効果的)

皮膚の常在菌環境を保ち、適量な皮脂、適切な常在菌環境を保つことで健康な肌が保てるのです。
なので、私は湯洗髪、水洗顔愛好家なのです。

顔も頭皮も常在菌環境を大切に。



クマさん先生の教え

クマさん先生

クマさん先生は言ったものです。

頭皮から皮脂を取るだけでは薄毛は改善できない。
逆に頭皮の必要な成分も奪い去り、頭皮の悪化→薄毛の進行になりかねないと。

納得です。頭皮も顔の肌と同じ。
皮脂を取ったからといってよくなることはないのです。

それよりも肌や頭皮の常在菌環境を整えることが大切。
シャンプーやリンスなどのヘアケア剤で痛めつけてきた頭皮の環境を改善させることが重要なのです。

それと同じように顔も化粧品や洗浄剤などの界面活性剤で痛めつけてきた肌の常在菌環境を改善させることが重要になってきます。


常在菌環境を整える まとめ

脂漏性皮膚炎、脂漏性湿疹、マラセチア菌。
皮脂を取る、マラセチア菌やアクネ菌などの常在菌を殺菌するなどという手当では改善が難しく、また再発も多い。

脂漏性皮膚炎、マラセチア、テカリ、毛穴の黒ずみ、ベタつきなどの肌の異常は、まず常在菌環境、皮脂と常在菌のサイクルを整えることから始めたい。

常在菌環境を整えるには、湯シャン、水洗顔、肌断食がおすすめ。
ただ、まったくの常在菌全滅状態だと挫折しやすいので、湯シャンなどは徐々に入るとよいでしょう。→くわしくはシンプルケアをご参照下さい。


↑ PAGE TOP