お風呂の洗剤をやめると

お風呂の洗剤をやめました

脛のキメ

以前の脛のキメ

市販されているお風呂の洗剤は大抵は除菌機能が入っている合成洗剤。しかも肌を傷める界面活性剤そのものです。

このような除菌機能のついたお風呂の洗剤で、毎日、毎日、お風呂の床や浴槽を洗っていると、手荒れ、足荒れだけでなく、床や水道の蛇口に洗剤が残留し、その床や水道に触れた手で顔に触れると、間接的に肌荒れの可能性も出てきます。

右上の写真は以前の脛のキメ。これでも湯洗体で大分回復。

また、浴室の床は、足やお尻は必ず触れるところ。
体に石けんやボディソープをやめるだけでもカサつきや粉吹きはある程度改善されますが、しっとりとしたハリのある肌を目指したいなら、お風呂の洗剤は控えたいところです。


お風呂の洗剤をやめた結果

脛のキメ

現在の脛のキメ

体に石けんやボディソープをやめただけでも、手足のカサつきや粉吹きは改善したのですが、しっとり潤った感じやハリのある感じにはなりませんでした。

それがお風呂の洗剤をやめて2週間程度。
足の脛が今までと違います。

今までは、まぁ、ハリはイマイチだけど、カサつきも粉吹きもなく、痒みもないから御の字だと思っていました。

現在はハリもあり、右の写真のようにキメも整ってきました。三角形がいっぱい。理想的な状態です。
以前は横線しかない状態でした。

右上の写真は現在の脛のキメ。 現在は痒みもカサカサもなく、しっとりとした状態。
ハリも戻ってきました。


お尻の付け根のところ

おしり

石けんやボディソープをやめてしばらく経つと、おしりの付け根(お尻の割れ目の上の方・画像赤丸の部分)のカサつきとひび割れが改善しました。

痛みがなくなりホッとしていたのですが、やはりお風呂の洗剤で洗われた床の影響で時々軽度のカサつきが出ていたり、肌がしぼんだ感じになっていました。

それをお風呂の洗剤が使われる前に自分で、とれるNo.1とアクリルたわしと歯ブラシで洗った所、除菌洗剤を回避。回避していると、カサつきが徐々に改善され、肌がしぼんだ感じが元に戻り、ハリを戻しました。

※カサつき、乾燥は体の中に原因がある場合もあります。
→詳しくはストレスのページをご覧下さい。



顔の肌荒れにも

除菌洗剤が床や蛇口についていないと、顔の肌への神経も大分軽くなります。
今までは入浴前に、浴室の床や蛇口をシャワーで念入りに洗い、床や排水口にふれた手で顔を触らないように気をつけていました。

この最近はこのようなことを気にかけることもなく、また、お風呂に入って顔がピリピリしたり痒みが出たりすることもなく、快適に入浴できています。

肌の赤みや痒み、湿疹も最近はほとんど出ません。
(これは湯洗髪、水洗顔、肌断食を実践した影響+αの効果だと思います。)


浴槽は完全にアクリルたわしだけ

お風呂

浴槽は石けんやシャンプーが使われることはないので、完全にアクリルたわしだけで洗っています。

なんせ、浴槽でしっかりと温もるのは私だけ。
完全湯洗髪、水洗顔、湯洗体。
石けんや泡の気配はまったくナッシング。

石けん垢などがつかないので、アクリルたわしだけでいつもきれいです。アクリルたわしは100均にもおいてあることがありますので、覗いてみるとよいでしょう。


床や蛇口、排水口は

お風呂の床

床もカビ一つなくきれいです。

家族の他のメンバーはシャワーしか使いません。
また、湯洗髪、水洗顔、湯洗体をしているのですが、時々は石けんやシャンプーを使っているようです。

浴室にシャンプーや石けんがなかったら、床や蛇口も完全にアクリルたわしや歯ブラシだけでイケるかもしれません。

なお、石けん垢や湯垢は、とれるNo.1があれば、力を入れなくても短時間で汚れが落ちます。



マイ洗面器

マイ洗面器

洗面器はマイ洗面器を持ち、湯垢や皮脂垢が付いたら、とれるNo.1で洗っています。

しかし、洗面器など湯洗髪(湯シャン)初期ほど汚れなくなりました。

とれるNo.1の粉末をアクリルたわしに少しつけて水を含ませ、サラッと拭いただけで洗面器の汚れも落ちます。

洗面器の中にある獣毛ブラシもとれるNo.1で洗っています。

※とれるNo.1は米ぬか、麦ぬか、微生物でできた洗剤です。
詳しくは洗剤のページをご覧ください。


お風呂の洗剤 まとめ

・お風呂の洗剤は細かい部分なので、適当になりがちですが、除菌洗剤を使わないのと使うのとでは肌の調子が違います。

・お風呂場に泡の出るものがなかったら、
アクリルたわしと歯ブラシで十分な可能性大。

・洗面器、獣毛ブラシなど皮脂汚れを起こしやすいものや、家族が石けんやシャンプーを使っている場合は、とれるNo.1を使うと取れやすい。


↑ PAGE TOP