水洗顔・肌断食をしながらメイクしたい

水洗顔をしていてもメイクしたい場合

湯洗髪、水洗顔、肌断食を続けていると肌荒れが起きにくくなります。
次第に肌が改善していき、なめらかな感じになっていきます。

しかしある程度肌が良くなると、時にはメイクも楽しみたくなるもの。
また、日ごろからメイクをしているのだけど水洗顔をしたいという方も多いと思います。

では、水洗顔や肌断食をしていたら、メイクはダメなのでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。

白粉やパウダー状のファンデーションであれば、リキッドファンデーションよりも肌へのダメージが少なく、肌への残留も抑えられます。

ただし、まだニキビや湿疹、炎症などの肌トラブルが気になる場合は、できるだけすっぴんと水だけ洗顔を心がけてください。
肌荒れがあるままでメイクをすると改善が遅くなります。
どうしても必要な場合は、ワセリンをうすく塗った上から柔らかいブラシでお粉をのせることをおすすめします。


白粉やファンデーションをつけるときは擦らないよう注意

白粉やパウダー状のファンデーションで薄化粧しているのであれば、水洗顔のみでOK。手ぬぐいやハンカチを使うと大分落ちます。
ただしこすり過ぎないように。

また、白粉やパウダーファンデーションを顔につけるときもパフなどで擦らないよう気をつけることが重要です。
右のようなブラシでフワフワっと付ける程度がきれいですし、肌に負担がかかりません。

ただし、ある程度肌が回復していることが前提です。
肌荒れが改善していない場合は極力すっぴん、もしくはワセリンの上からつけられることを推奨します。

なお、ブラシは必ず洗ってから使いましょう
どんなものでも新品のままで洗わずに使うと肌荒れの元となります。
(PCやマウスなど洗えないものは、触れた手で顔を触らないようにしましょう)

ブラシは、大・小様々な大きさのブラシを揃えておくと、ファンデーション用(広範囲)、頬紅用(中範囲)、アイシャドー用(小範囲)と使い分けができて便利です。




ある程度肌がきれいならファンデーションや白粉は不要

きれいな肌

湯洗髪、水洗顔、肌断食をしていると、どんどん肌が回復していきます。ニキビや湿疹などの肌荒れもひいていきます。

そうなると肌は滑らか。シミでもない限り、色ツヤのよい肌になると思います。そうなると、無理にファンデーションや白粉を使う必要はありません。
きれいな肌をわざわざ傷める必要もないのです。

この場合はファンデーションや白粉を使わず、頬紅と口紅などポイントメイクをしていけば、十分メイクした感じになり、返って若々しく見えます。

結局のところ、隠すものがなければファンデーションやコンシーラーなど必要ないのです。

肌改善後、すっぴんで証明写真を撮ったのですが、薄化粧をしたような感じに写りました。


口紅やグロスを塗る場合はワセリンを下地に

唇

白くなめらかな肌に、きれいな色の口紅を持ってくると顔がパッと華やかな雰囲気になります。

でも、口紅やグロスを使うことで唇が荒れないか心配。

そんな時は、ワセリンを下地に塗ってから、口紅なり、グロスなりつけましょう。(できればどちらか1つが望ましい)

ちなみに、私はすっぴんな上に唇はワセリンだけで過ごしています。(白っぽくなりやすいので口紅かグロスがあった方がいいという意見も)

なお、パウダー状のファンデーションを使う時も、ワセリンを下地に薄く伸ばしてからファンデーションをのせると肌を保護できます。

サウンドスタイルのファンデーションについて
サウンドスタイルのファンデーションはワセリンやスクワランが含まれています。
よほどの乾燥肌でない限り、ワセリンなしでそのまま肌にのせましょう。
十分なしっとり感があり、肌にのりやすいというのが筆者の感想です。
(基礎化粧品のベタベタや残留感とは違う心地よいしっとり感です)


メイク落としは?

メイクはできるだけ水洗顔と手ぬぐいだけで落とす(落ちる)ようにしましょう。残留感が気になったり、すっきりしない場合でも、1~2日経てば通常の感触に戻ります。

どうしても気になって不快な場合は、とれるNo.1の粉末をお使い頂いても構いませんが、何も使わないに超したことはありません。

肌が荒れている状態、荒れやすい人は水洗顔と手ぬぐいだけを推奨します
こすり過ぎると悪化したり、くすみの原因となりますので、手ぬぐいを使われる場合は力加減にご注意下さい。

ちなみに私は、たまにしかメイクしませんが、薄化粧なので、手ぬぐいも使わず、普通の水洗顔で落としています。いつもの水洗顔よりも拭う回数が多いだけですが、翌日はいつもの肌か、ちょっとしっとりした感じです。しっとりした感じは、ワセリンやスクワランが含まれたサウンドスタイルのファンデーションを使っているためだと思います。

サウンドスタイルのファンデーションは、落とす時もサラッと落ちる感じなので安心です。
(筆者の使った感想なので、他の人はどうか分かりませんが)。



Q1.水洗顔と手ぬぐいだけでスッキリ化粧落しはできる?

肌荒れしやすい人のメイクは大抵、通常は薄化粧かと思います。

そのような場合は、クレンジングオイルやクレンジングクリームなどの化粧落としを使わずに、ぬるま湯で落とします。マスカラなどの濃いメイクはオイルなしでは落とせないので、肌荒れしやすい人は極力避けましょう

薄くファンデーションを塗っている程度、ほお紅、アイシャドー、ワセリンの上に口紅などの場合は、ぬるま湯と手ぬぐいで十分に落とせます。
繰り返しますが、手ぬぐいを使われる時は、強い力でこすらないように気をつけて下さい。
炎症やくすみ、肌荒れの悪化の原因となります。

残留感が気になる場合はメイクを落とした後、10分間湯船でゆっくり温まり、その後もう一度水洗顔してみましょう。


Q2.角栓が多くて化粧ノリが悪い、どうする?

水洗顔を始めたばかりの頃は角栓で肌がゴワゴワし、化粧ノリで悩む方もいらっしゃいます。

その場合は思い切って角栓を取りましょう。
無理矢理に根こそぎ取るのは肌をいためますが、ぬるま湯でそーっと指で取るのは大丈夫。

湯船に10分間浸かって温まると、残っているメイクや角栓が落ちやすくなります。
また、水洗顔の後に一旦タオルで顔の水気を取り、角栓の部分を指でそっと拭うと落ちやすい。

それでもスッキリしない場合は、とれるNo.1の粉末をドロドロに溶き、顔にしばらくのせて(1~2分くらい)洗い流しましょう

普通のとれるNo.1粉末でもよいのですが、洗顔タイプは粒子がきめ細かく、肌をいためにくいようです。

ただ、肌触りがよくなるのはよいのですが、洗浄しすぎると肌のバリア機能も落ちてしまうのでほどほどにお使いくださいね!


メイクをすると顔を触らない

私もここぞという時にはメイクをします。
ファンデーションや白粉は使いませんが、頬紅やグロスまたは口紅を使うことがあります。メイクをしていて1ついいことがありました。

それは顔を触らない

メイクをしていると、自ずと顔を触らなくなります。
おかげでメイク以外の刺激物が顔につく恐れがありません。
メイクも悪いことばかりでもないようです。

↑ PAGE TOP