肌断食の効果どこまで期待できる?

肌断食の効果どこまで期待できる?

肌断食は、化粧水やクリームなどのスキンケア製品を一切使わない美容法。

化粧水やクリームなどの肌へのダメージをなくし、肌の自然治癒力を高める美容法です。
なので、スキンケアのしすぎによる肌荒れ、合わない化粧品による肌荒れに関しては改善が期待できます。

しかし他に原因がある場合など肌断食だけでは効果が及ばない(もしくは実感できない)ケースもあります。

※ここでの肌断食は湯シャンと水洗顔を含めた総合的な肌断食として記事を書いています。
※ノーメイクまたは薄化粧(ミネラルファンデと頬紅、口紅など)を前提に記事を書いています。マスカラやアイライナーなど濃いメイクの場合は、肌断食で肌荒れなどは改善する可能性が低いためです。
※紫外線対策は、海水浴などのレジャーでない限り日焼け止めを使わず、帽子や日傘で対策することを想定して記事を書いています。


1.肌断食でニキビやテカリは改善する?

赤み

一口にニキビと言っても原因は様々です。

1.ストレスによる肌のバリア機能の低下
2.ホルモンバランスの乱れによる皮脂の増加
3.手で触ることによる肌へのダメージ
4.スキンケアによる肌へのダメージ などなど

最後の4だけが原因であれば肌断食と湯シャンでニキビは改善するでしょう。
乱れた常在菌環境と肥大化した皮脂腺が徐々に治まっていくので、4~6ヶ月くらいで変化が現れる可能性が高いようです。

しかし1、2、3も含めた複合的な原因であると肌断食だけでは改善しにくい。

まず第一に、規則正しい生活とストレス対策。
この2つによってホルモンバランスの乱れを調整し、皮脂の分泌を正常化する必要があります。
ストレスケアはビタミンCのこまめな摂取もよいでしょう。
ただし個人個人で必要な量が異なるので自分にベストな量を見つけてくださいね。

ストレス性のテカリ・ニキビはピルで一発解決することもありますが、極力生活習慣を改めたり、ストレスケアで対応するようにしてくださいね。

規則正しい生活は、バランスのとれた食事、十分な睡眠、適度な運動を含みます。


2.肌断食で赤みや湿疹は改善する?

手で顔を触る

スキンケアのダメージによる肌荒れであれば肌断食で改善する可能性が高いのですが、手で顔を触るクセがある場合は、そのクセをなおす必要があります。

ちょっとしたことなので軽視されがちなのですが、手で顔を触ることは肌荒れの原因No.1と言っても過言ではなく、手で気になる部位をしつこく触ると熱を生じ、炎症となり、赤みがでてきます。

肌荒れを改善したい!赤ら顔を改善したい!と思ったら、肌断食だけでなく、手で顔を触ることもやめましょう。

なお、肌がいたんだ状態で夏を迎えると汗でかゆみやピリピリ感が出てくるので、こまめに水洗顔をするか濡れたタオルをビニール袋などに入れて携帯しておくとよいでしょう。
ここまで徹底しないと肌荒れの改善は難しい。



3.肌断食でシミは改善する?

肌断食でシミを改善するのは難しい。

そもそもシミはいたんだ肌を守るためにメラニン色素が集まってできるものであります。

しかし湯シャンを含む肌断食により肌へのダメージがなくなれば、徐々にそのシミが薄くなっていきます。シミが「もう僕は必要ないな」と安心してそこからいなくなります。
このように重症化していないシミは消える場合もあるのです。

しかし長年居座っているシミ・慢性化しているシミは薄くなってもそう簡単には消えません。

「またいつ何時肌がダメージに見舞われるか分からないからここにいよう」とシミは頑張って肌を守ろうとします。それでも肌へのダメージをなくすことで「ダメージこないな。ちょっと防御をゆるめるか」というように徐々に薄くはなっていきます。

薄くなっただけでも嬉しい人はよいのですが、徹底的にシミを消したい人は美容皮膚科などで処置してもらうという手もあります。


4.肌断食でシワやたるみは改善する?

シワ
改善前

改善後
改善後

ハッキリ言います。
シワやたるみは肌断食だけでは改善は無理です。

だからと言って化粧品を使えというのではありません。

1.まずは運動です。
シワやたるみは運動が必要。
運動することで全身の筋肉が引きしまり顔の筋肉も引きしまってきます。

2.つぎに笑顔です。
無表情でいたり、無理な表情など表情にクセがあるとシワができやすい。
とくにしかめっ面でできる眉間のシワは第一印象を悪くするので気をつけたいですね。
心から笑顔でいることでいつまでも若々しいハリのある肌を保てるのです。

3.むくみにも気を付けて!
アルコールや水分の取りすぎ、睡眠不足でむくむとたるみが生じて、進行するとシワとなります。
カリウムを含む食材(キューリやスイカ、納豆など)を取り入れてむくみを改善しましょう。

ちなみに老人性の深いしわは、肌断食や運動では限界があります。
美容皮膚科などに相談してみるとよいかと思います。



5.肌断食で毛穴の黒ずみ・いちご鼻は改善する?

黒ずみ

湯シャンを含む肌断食であれば、毛穴の黒ずみは比較的改善しやすいでしょう。
毛穴の黒ずみ、毛穴の開きは、肌のいたみも関係しているからです。

しかしティッシュで鼻を頻繁にかむ人は、ティッシュによる肌へのダメージがあるのでなかなか改善しない場合が多い。
この場合はティッシュを無漂白キッチンペーパーなどに替えてみるとよいでしょう。

もうひとつの毛穴が目立つ要因としてうぶ毛が挙げられます。
うぶ毛が濃い人、うぶ毛がしっかりしている人、うぶ毛が伸びている人。
この場合は思い切ってうぶ毛を剃ってみましょう。
小麦粉をドロドロにといたもの(小麦粉シャンプー)を肌の上にのせて剃ると肌をいためません。

ただ、鼻から短くて太いうぶ毛が飛び出ている場合は処置が難しいので無理は禁物です。


6.肌断食で角栓は改善する?

キラキラ

肌断食というか水洗顔で発生しやすい角栓。

肌断食で肌にダメージを与えないようにしていれば、自然と角栓ができにくくなります。

ただし睡眠不足などで肌の新陳代謝が異常になると角栓は大発生!
さらにストレスや生活習慣の乱れからホルモンバランスが乱れると、皮脂が多くなり、テカリや角栓の元となります。

また、水洗顔を始めたばかりのときも皮脂の分泌が正常化していないケースが多く、角栓ができる場合も多いようです。

角栓が目立ったら指でそっとこすって取ってしまってもかまいません。
赤みや炎症を起こすほどこすらなければ問題ありません。

あとは生活習慣の改善と適度なストレスケアが必要です。


7.肌断食でくすみは改善する?

くすみ

化粧品をたくさん使いすぎると肌に負担がかかりくすんできます。

シミの所でも述べましたが、肌は自分を守ろうとメラニンを傷んでいる部分に集中させます。肌が全体的にいたんでしまうと「くすみ」という現象となって出てきます。

また、もう一つのくすみの原因として「皮脂の過剰分泌」。
皮脂が過剰に分泌されると放っておくと酸化してくすんでしまいます。
日光に当たると日焼けしたりシミができやすくなります。

くすみの原因の1つ「肌のいたみ」「肌への負担」ですが、肌断食を行うと、肌をいためるものや肌に負担をかけるものがなくなるので、くすみは比較的解消されやすく、肌断食体験談の中でも「くすみの改善」は多く見られます。

もう一方の「過剰な皮脂によるくすみ」ですが、洗顔料やクレンジングなどの使いすぎにより多くなった皮脂の分泌を落ち着かせるという意味では、肌断食は効果があります。

しかしストレスや生活習慣の乱れによるホルモンバランスも原因の場合は、ストレス対策と生活習慣の改善も一緒に行う必要があります。

なお、血が首から上に上る「のぼせ」によるくすみも体質改善が必要なので、肌断食だけでは不十分です。胴体は色白で首から上が赤黒い人は「のぼせ」「古血」といった体質が考えられますので、入浴などでできるだけ血の循環をよくすること、体をあたためることが必要になります。


肌断食の効果どこまで? まとめ

・実際問題として多くの肌トラブルが肌断食だけでは改善しないケースが多い

・肌断食と湯シャンで常在菌環境を整えることは美肌につながりやすい

・シミは肌断食だけでは薄くなる程度の場合が多い。
しかし時間をかけると目立たないくらいにはなりやすい。

・シワやたるみは肌断食だけではほぼ無理です。
適度な運動を取り入れ、表情にも気を付けましょう。
また、水分の取りすぎやアルコール、睡眠不足によるむくみでもたるみやすいので要注意!

・老人性の深いしわは残念ながら肌断食と運動では難しい。

・くすみは比較的肌断食で改善しやすい。
しかし体質的なものがあると肌断食では不十分。

↑ PAGE TOP