湯シャンの効果はどこまで?

湯シャンの効果どこまで?

湯シャンは、主に肌荒れの改善・美肌のために行っている人が多いかと思います。

また、髪質をよくしたい、頭皮の荒れを改善したいなどの目的の方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回は湯シャンでどこまで髪や肌が改善するか、Q&A方式でまとめてみました。
原因や症状によっては湯シャンだけでは無理なものも結構あります。


1.湯シャンで白髪は改善しますか?

白髪

白髪の原因は主にメラニン不足、ストレス、ホルモンバランスの乱れにあります。
ヘアケア剤の使いすぎも確かに原因に入るのですが、上の3つの方が大きいようです。

したがって、湯シャンだけでは白髪は改善しない可能性の方が高いです。

特にメラニン不足は、加齢とともにメラニンの生成が衰えてきますので、避けがたい部分もあります。

それでも適度なストレス対策を行ったり、規則正しい生活、バランスの良い食事をとること、十分な睡眠、頭皮をいためつけないようにすることで白髪年齢を遅らせたり、白髪を増やさないことは可能です。

また、十分な栄養と運動で免疫力を高め、病気になりにくい体をつくることで白髪の原因の1つを減らすことができます。



2.湯シャンでくせ毛は改善しますか?

くせ毛

子どもの頃はストレートだったのに歳を重ねるにつれてくせ毛になってきたという方はシャンプーなどのヘアケア剤の影響が大きいので、湯シャンでくせ毛が改善する可能性は高いです。

しかし、天然パーマなど生まれつきくせ毛の方は湯シャンでくせ毛は改善しません

その代わり、時間はかかりますが(髪の生え替わり期間があるので)、髪質は改善していきます。くせ毛でもしっかりとしたツヤのある髪に改善していきます。


3.湯シャンで薄毛は改善しますか?

薄毛
ストレス対策も必要

薄毛にも様々な原因がありますが、中でも大きい原因がシャンプーやリンスなどのヘアケア剤の使いすぎです。

これらのヘアケア剤を頻繁に使うことで頭皮が弱り衰え、頭皮がよい髪をつくることができなくなります。

したがって、シャンプーなどのヘアケア剤が原因の薄毛は時間はかかりますが改善する可能性が高いです。

ただ、頭皮回復(6ヶ月くらい)→弱った毛が抜ける(1~2ヶ月)→新しい毛が成長する(1年以上)という過程をふむので、実感するまでには最低でも2年はかかるかと思います。

頭皮回復過程で弱った毛が抜ける期間があるのでその間に湯シャンをやめてしまう人も多いのではないかと思いますが、この時点は「あともう一息」という期間なのです。

なお、ストレスや病気による薄毛、生活習慣が原因の薄毛、栄養失調による薄毛は、湯シャンだけでは改善しませんので、原因をひとつひとつつぶしていくとよいでしょう。


4.湯シャンでトリートメントを使っても効果はありますか?

残念ながら湯シャンをしていてもトリートメントを使えば何の効果もありません。

トリートメントはシャンプーよりも頭皮や髪へのダメージが大きい。
返ってシャンプーだけの方がマシなくらいです。

湯シャンとトリートメントの組み合わせをしようと思われている方は何もしない方がまだよいでしょう。

髪がバシバシして困る場合は、ホホバ油などのピュアオイルでしのぐとよいでしょう。

できればワセリンがベストですが、ピュアオイルの方が使いやすく、頭皮が乾燥している方にも一時しのぎとなります(あくまで一時しのぎであって実際に回復するのは頭皮本来の力)。

ピュアオイルは毛のいたんだ部分に使い、その部分が顔に触れないように気をつけましょう。つけすぎるとべたつくのでその辺は加減してくださいね!

なお、オイルは髪を根本から改善するものではなく滑りをよくするものです。
本当の髪質改善は回復した頭皮から新しく生えてくる毛を待ちましょう。

なお、ホホバオイルは白髪染めやカラーリング前の頭皮の保護にも使えますので、1本持っておくと便利です。値段もお手頃。



5.湯シャンで肌荒れは改善しますか?

肌荒れ

上から落ちてくるシャンプーのすすぎ湯や髪に残留したヘアケア剤も肌荒れの原因の1つです。

肌荒れの原因は、スキンケア製品(界面活性剤)の使いすぎ、ストレスによる肌のバリア機能の低下、手で肌を触るという物理的ダメージなどです。

肌荒れを改善するには、湯シャンだけでなく、顔を手で触らない、スキンケアをしすぎない(できれば肌断食を)、ストレス対策(寒い・暑いを含む)、柔軟剤を使った衣類を顔に付着させないなどが必要です。

というわけで、湯シャンは肌荒れの改善に貢献してくれますが、湯シャンだけでは足りないといったところです。


6.湯シャンでフケは改善しますか?

フケにもいろいろあります。

フケ

1.新陳代謝で出てくるフケ
2.頭皮が乾燥して出てくるフケ
3.頭皮のこすりすぎ

ハッキリ言って1番の原因は湯シャンではどうにもなりません。
健康な体を持つ人ならば、必ずあるものですから。
でも1番のフケって目立つほどではないのです。

2番の原因ならば、湯シャンで改善する可能性が高いです。
シャンプーなどのヘアケア剤を頻繁に使ったり、脱脂力の強いシャンプーを使うと頭皮が乾燥して大きなフケがパラパラと落ちやすくなります。
湯シャンは頭皮にダメージを与えないので、徐々に頭皮が回復していくことによって乾燥性のフケは出にくくなっていきます。

ただし、湯シャン初期は、頭皮の常在菌環境がまだ整っていないので、フケや臭いが返って多い場合もあります。その場合は無理に湯シャンを続けず、徐々にシャンプーの頻度を減らし、すすぎをしつこいくらいにしてみるとよいでしょう。


湯シャンで髪質は改善しますか?

髪質改善

湯シャンで髪質が改善する可能性が高く、多くの実践者が体験しています。

ただし実際には、髪の生え替わり期間があり、すぐには髪質は改善しません。

すでに生えている傷んだ毛がもとに戻ることはなく、新しく頭皮から出てくる毛を待つ必要があります。

新しく頭皮から毛が出てきたら、傷んでいる部分を徐々に切っていくことで新しい毛に変わっていきます。

ただし、湯シャンで頭皮が回復するには大体6ヶ月くらいかかり、そこから新しく頭皮から出てくる毛なので、6ヶ月+古い毛の抜け毛期間1~2ヶ月+新しい毛が育つ期間1年で、大体2年くらいで効果が実感できるのではないかと思います。

なお、湯シャンに切り替えると、シャンプーなどの界面活性剤の代わりに自前の皮脂が髪をコーティングします。自前の皮脂は髪をしなやかにしてくれますが、ゴミが付きやすいというデメリットがあり、丁寧なブラッシングが必要です。


頭皮がかゆいのですが?

頭皮のかゆみにも様々な原因があります。

1.頭皮が乾燥して痒い→ヘアケア剤の影響の可能性大
2.頭皮が炎症を起こしている→ヘアケア剤の他に帽子など
3.しらみ、毛じらみなどの病気

1と2は湯シャンで改善しやすい。
シャンプーなどのヘアケア剤を頻繁に使うと頭皮が乾燥してかゆみ、炎症などの原因となります。
そのほかにも帽子などに抗菌加工や柔軟剤が使われていたら頭皮に影響する可能性が高い。

3の場合は、なるべく早く病院で診てもらいましょう。
髪の根元のフケとかゆみがひどい場合は病気の可能性があります。


湯シャンの効果どこまで? まとめ

・湯シャンだけでは白髪の改善は難しい。

・生まれつきくせ毛の人は湯シャンでくせ毛は改善しない。
ただしヘアケア剤が原因のくせ毛の場合は改善しやすい。

・湯シャンで薄毛は改善する可能性がある。
しかしストレスや病気、生活習慣が原因の場合は合わせて対策する必要あり。

・湯シャンで乾燥性のフケは改善する可能性がある。
しかし新陳代謝のフケは対策のしようがない。ただ、目立たないので気にする必要はない。
洗髪の時にこすりすぎる方は頭皮を揉むように洗うとよいでしょう。


↑ PAGE TOP