全身肌断食のエコ肌生活が初めての方に

全身肌断食が初めての方に

エコ肌ってどんな肌?

綺麗肌

エコ肌とは基礎化粧品もヘアケア剤も使わない素肌のことです。
それに伴い、洗顔料やクレンジング剤も使いません。
また、基本的にすっぴんです。

元来、肌には化粧品も泡も必要ありません。
化粧品や洗浄剤(泡)は肌荒れしやすい人にとっては刺激となり、赤みやニキビなどの肌荒れの元になることがあります。

そのような肌荒れしやすい人にはもちろん、自然な素肌を保ちたい方に提案するひとつのライフスタイルが全身で肌断食を行う「エコ肌生活」です。

肌荒れからアンチエイジングまで、化粧品や洗浄剤(泡)を使わない肌です。

♪素肌がきれいだと薄化粧してもきれい♪


全身肌断食のエコ肌生活ってどんなことをするの?

全身肌断食のエコ肌生活といえば、何もしません。

化粧品によるスキンケアを省き、シャンプーなどの泡を使いません。
もちろんリンスやトリートメントも使いません。

たるみやシワ対策などのアンチエイジングにも、美容液やクリームは使わず、ちょっとした運動(スロトレ・表情筋運動など)でカバーします。

湯洗髪(湯シャン)を丁寧にする点(特に湯洗髪初期頃)では少し手間がかかりますが、それ以外は至ってシンプルです。

♪高いお金をつぎ込まなくても、自然な美しさを楽しめます♪



エコ肌の基本的なライフスタイル

1.湯洗髪(湯シャン)
巷でよくある塩シャン、酢シャンではなく、まったくの湯だけの湯洗髪です。
クレイ、ガスールとも使いません。(導入期間を除く)

2.水洗顔
水かぬるま湯だけでの洗顔です。石けん、洗顔フォームは使いません。
水洗顔は1日に何度行ってもOKです。
※宇津木式では、こすらない洗顔が推奨されています。
※非接触では炎症が起きるくらい擦らないならOKとされています。
私は非接触寄りです。

3.肌断食
基礎化粧品はもちろん、通常時はファンデーションも使いません。
(口紅などポイントメイクはOK)もちろん日焼け止めも使いません。
日傘や帽子で十分紫外線対策は可能です(キャンプや海水浴を除く)。
肌になにかつけることで肌荒れが改善したり、シミ、シワが治ることはありません。

4.手や物で顔を触らない
日常的に手は色んな所を触り、刺激物がいっぱい。
手で顔を触らないことを気をつけて肌荒れを予防・改善します。
また手以外の物でも顔に触れさせないことが重要です。
例:かっさプレートやマッサージローラー、ペットと頬ずりなど

5.運動
湯洗髪、水洗顔、肌断食では、ニキビや湿疹、赤みなどの肌荒れを改善します。
たるみやほうれい線、シワ対策は運動が必要。そこで、1日5分でもできるゆっくりした動作の運動が便利。ゆっくりした動作の運動は若返りホルモンの分泌を活性化させます。
また、全体的に筋肉が引き締まってきます。
顔のたるみ対策だけでなく、もちろんボディのたるみにも便利。

6.10分間のゆっくり入浴
タモリ式入浴法とも呼ばれています。
10分間ゆっくり温もることでリラックスしたり、垢を落としたりします。
湯洗髪の汚れを落としやすくしたり、角栓をふやかして落とすのによいでしょう。

7.洗剤をなるべく使わない
洗剤をできるだけ少量にします。
衣料用洗剤にトップクリアリキッド、その他の身の回りの洗剤は薄めて使うか、アクリルたわし、とれるNo.1(米や麦のヌカでできた洗剤)が基本です。

8.化学繊維を着用しない
特に肌着は肌に触れるものなので、綿などの素材が肌に負担がかかりません。

9.枕のタオルは柔らかい綿タオルを
枕のタオルは眠る時顔に触れることがよくあります。
ゴワついたタオル、刺激物がついたタオルは肌を傷める元。
しかし柔軟剤は禁物です。

10.冷却美容(初夏~初秋まで必要に応じて)
保冷剤をハンカチにくるんで顔にあてることで、すでに受けてしまった刺激によるかゆみやピリピリ感、炎症を鎮めます。冷やし過ぎないことがポイント。
痒み、ピリピリ感がひいたらなるべく早めにやめましょう。

11.ビタミンC服用
湯洗髪、水洗顔、肌断食だけで乾燥(カサつき、粉ふき)が改善しない場合は、ビタミンCの服用が効果的です。ストレスによって生じる活性酸素を除去してくれます。
※ただし普通の取り方では効果がありません。

12.湯だけで歯磨き
歯磨き粉の使用を控え、湯だけで歯磨きすることで、歯がしっかり磨けます。
また、口周りに歯磨き粉が残留しない分、口周りの乾燥が防げます。



全身肌断食はできるところから

上から下

もちろん上記の項目を全部する必要はありません。
全部一度にやろうと思えば挫折の元。
重要項目順に並べてみました。

肌荒れしやすい人、ニキビ、乾燥肌の人は、1、2、3、4まででも効果が出やすいかと思います。顔だけ色が濃い、思わず触ってしまう、毛穴が気になるという人は10も実践しましょう。

たるみ、ほうれい線でお悩みの人は、1、2、3、4に加え、5がおススメです。
全身運動を適度に行えばより効果が高まります。
無表情な時間が多い人はストロビクスもしくは顔ダンスで若々しい表情を取り戻しましょう。

ポイント:順番としては湯洗髪、水洗顔、肌断食と進めていくほうが失敗しにくい。

※実践していて肌が改善しない、異常が出てきた場合は皮膚科にご相談下さい。
と表向き言わなければいけないのですが、その皮膚科さんに通ってもなかなかよくならない事実を思うとちょっぴり複雑です。

なお、濃いメイクなど楽しみたい方、カモフラージュでもいいから手っ取り早くきれいな肌を手に入れたい方(と言ってもカモフラージュにも限界がありますが)は化粧品を使う美容法のほうが向いています。


エコ肌生活はこのように肌荒れからアンチエイジングの対策まで、洗浄剤や基礎化粧品を使わない美容法です。いわば全身で行う肌断食です。

財布にやさしい、環境にやさしい、お肌にやさしい。

ただ肌の性質は人それぞれ。
肌に異常を感じた場合は最寄りの皮膚科までご相談ください。

(表向き)

なお、エコ肌生活記の一部でピーリングなどの項目が出てきますが、これは、ある程度肌が整っている方や肌の強い方のアンチエイジング向けです。
※↑肌が整っていても使わないに越したことはありません。
肌荒れ対策は、エコ肌ライフスタイルの1~4を基本にし、アンチエイジングは5で補うとよいでしょう。

↑ PAGE TOP